【カメテン】ネットビジネスで稼げずに断念する人が多い理由 1

lifefuck


こんにちは。
 
今回は、なぜ私が中古カメラ輸出を
選んだかと、そこにたどり着くまで、
他のネットビジネスで挫折した経験を
お話しますね。
 
◆「0→1」1万円をビジネスで稼げるようなるまでが一番キツイ
突然ですが、「0→1」という言葉を
聞いた事があるでしょうか。
 
これは、ネットで1円も稼いだ事がない方が
ネットで1円以上稼げるようになる事を
指すとき使われる事があります。
 
実は、ネットビジネスを始めたばかりの方に
とっては、1円を稼ぐことが一番難しいと
されています。
 
また、ビジネスに取り組む順番を間違えると
まったく稼げないまま、
ビジネスからの撤退を迫られてしまう事に
なりかねないといわれています。
 
そんな偉そうにいう私も、
多少ebayの販売で、
利益が出るようになった今になって、
その意味がすこしづつ分かるようになりましたが、
ネットビジネスをスタートしたばかりの同時は
よく分かっていませんでした。
 
これは、
ネットビジネスを構成する要素と
その要素に取り組む難易度が
関係していると思われます。
 
ネットビジネスは
一般的に、
個人がインターネット上でモノ
(情報やサービス、または
 
家電やおもちゃなどの製品)
を販売して、利益を稼ぐ事を
指します。
 
この場合、
家電やおもちゃなどの製品は
新品であれ、中古品であれ、
既にブランドが確立されていますので、
ヤフオクや、アマゾンに適正価格で
出品すれば、
買い手がつく事が多いです。
 
一方、情報に関しては、
ヤフオクやアマゾンに出品する事も
出来ますが、
ブランドが確立されていない場合は
それをなかなか売れないでしょう。
 
ですので、一般的に、
情報を販売する販売者は、
ブログやメルマガで
見込みのお客さんを集め、
商品を認知してもらってから、
販売する必要があります。
 
例えば、
”10日間で5kgダイエットする秘密”
という情報商材を10,000円で販売しても
著者の詳細や、その本の内容が
分からなければ、手に取る人は少ないでしょう。
 
ですが、
”ニコンのデジカメ:最新式で定価20,000円を
ヤフオクで10,000円”で販売すれば、
おそらくすぐ買手がつくと思います。
 
このように
ブランドが認知されているものは
売りやすいですが、
ブランドが認知されていなければ、
そのブランドを知ってもらうところから
スタートする必要があります。
 
その視点で、
ネットビジネスに取り組む順番の
セオリーを共有したいと思います。
 
◆初心者がネットビジネスに取り組む順番のセオリー
1.不用品販売
2.物販1(国内せどり、輸入、輸出など)
3.物販2(外注化、ネットショップ開業)
4.情報発信
 
詳しく見ていきましょう。
1.不用品販売
 家にある不用品、たとえば服、
 使わなくなった家電製品などを
 ヤフオクやメルカリで販売します。
 リサイクルショップに持ち込んでも
 いいですが、自分で出品したほうが
 実入りがいいです。
 
 ここでは、今手元にあるものを
 ヤフオクやメルカリに出品するだけ
 なので、商品の仕入れや
 集客(お客さんを呼び集める事)を
 しなくても良いため、
 売れた分のお金はそのまま自分の
 手元に残ります。
 仕入れ代金も支払う必要がありません。
 
 一番手っ取り早く、ネットでお金を
 稼ぐ手段といえます。
 
 なぜなら、
 仕入れを考える必要がないからです。
 
2.物販1(国内せどり、輸入、輸出など)
 ここでは、仕入れや資金繰りなどの
 ビジネスとしての基礎が必要となります。
 
 私の場合ですと、
 ヤフオク ⇔ ebay間で差額のある
 カメラを見つけ、ヤフオクで仕入れ、
 ebayに出品します。
 また、差額商品を見つける作業を
 「リサーチ」と呼んでいます。
 
 ebayには1億以上のアクティブユーザが
 しますので、集客に困ることは
 ありません。
 
 差額のある商品を見つけて
 出品するだけです。
 
 ただし、売れるまで時間が掛かったり
 いくつかのアイテムを同時並行で
 取り扱うので、資金繰りや
 仕入れに慣れる必要があります。
 
 ※既にブランド力があるものを
  扱いますので、
  適切に仕入れさえできれば、
  販売する事が出来ます。
 
  集客はプラットフォーム
  (ebay、Amazon、ヤフオク)
  などがやってくれるので、
  仕入れだけを考えればOKです。
 
3.物販2(外注化、ネットショップ開業)
 この段階ですと、量の拡大と集客が
 キーワードになります。
 具体的には、外注化やネットショップ
 開業が見えてきます。
 
 外注さんに梱包や発送などの一部
 業務をお任せすることにより、
 より多くの数を捌けるようになります。
 
 また、ネットショップを開業し、
 ブログやメルマガなどで集客をして
 ネットショップにお客さんを呼び寄せ
 商品を購入してもらったりも出来ます。
 
 ※ここでは、プラットフォームが
  やってくれた集客を考える必要があります。
 
  集客さえうまくいけば、
  販売するものはブランド力がありますので
  順調に売り上げを上げる事が可能でしょう。
 
4.情報発信
 いままでのノウハウを教材にして販売したり、
 コンサルティングやセミナーなどでノウハウを
 指導する事ができます。
 
 ※今までの経験を
  テキストや動画のコンテンツにまとめ、
  情報またはコンサルサービスとして
  販売します。
 
  まずその情報を欲しがっている
  見込みのお客さんを集め
  販売する情報の価値を
  しっかり説明できれば、
  情報の原価はゼロ円ですので、
  お客様によろこんでもらいつつ、
  利益も上げる事が出来ます。
 
 
上記が王道的なネットビジネスに取り組む為の
順番になるかと思います。
 
たとえば、初心者が最初に
アフィリエイトに取り組んだとしても、
集客力が必要となるビジネスですので、
収益化までは時間が掛かるでしょう。
途中で挫折してしまうかもしれません。
 
また、株やFXに取り組んだとしても
何千万も軍資金を準備出来るのであれば別ですが、
資金を消失させずに2倍、3倍にしていく
には、かなり保守的な運用を迫られうです。
 
一方、物販は安く仕入れて高く売るという
シンプルなビジネスモデルですし、
ヤフオク、ebayなどを利用すれば
集客の必要もなく、
商品を販売する事が出来ます。
 
以上、お読みいただきありがとうございました。
 
PS
———————————-
よろしければ、
過去記事は以下のリンクよりお読みください。
今までの記事の目次になっております。
 
ブログコンテンツ一覧
———————————-