【ebay】中古品を販売する時の流れを工程ごとにご紹介します。

eBay

この記事では【ebay】中古品を販売する時の流れを工程ごとにご紹介します。

【ebay】中古品を販売する時の流れを工程ごとにご紹介

現在、私が実践している流れはこうです。

ヤフオク仕入→ebay販売の流れ
0.リサーチ
1.ヤフオクで仕入れ
2.商品チェック(検品)
3.商品をebayに出品
4.商品落札→入金確認
5.商品の発送
6.お客様からのフィードバック

少し詳しく見て見ますね。

1.仕入れ
ヤフオクで中古カメラやレンズを
仕入れます。

※普通にヤフオクで落札します。
仕入れなので、やみくもな落札や、
感覚的な落札ではなく、
意図をもって入札し、
ebayでの予想売値から逆算して
予算を決めて落札します。

2.チェック(検品)
落札した商品が手元に届いたら、
正常に動作するかチェックします。

3.ebayに出品
商品の写真をとって、紹介文を書いて
ebayに出品します。

写真に関しては、スマホで撮っても
かまわないのですが、出来れば
デジタルカメラで綺麗にとります。
→現在はすべてスマホで撮影
しています。

理由はスマホで撮影して
スマホで写真を整形して
スマホでebayアプリを使って
出品準備をすると、
大幅に出品時間を短縮出来るからです。

写真撮影から
5−10分ほどで出品完了出来ます。

大量出品のセラーの方は、
1アイテムあたりの出品を
ツールで対応して、秒単位で
出品される方もいますが、
私の場合は1つ1つ
コンディションが違う
アンティークカメラなので、
まあ許容範囲かなと思います。

また、紹介文は英語で書きますが、
これはテンプレートを使いますので
それほど時間がかかりません。
慣れれば、5−10分ほどで
出品できます。

4.商品が落札されたら、
入金を確認して、商品を発送します。

ここで活躍するのが、
「paypal(ペイパル)」と呼ばれる
決済システムです。
簡単に言うと、世界共通で使える
web上のお財布のようなものです。
これで、日本と海外の間で
安全なお金のやり取りが出来ます。

5.商品の発送
様々な配送方法がありますが、
日本から海外への荷物発送には
日本郵便のEMSが便利です。
たとえば一般的なカメラのレンズ
(500g)をアメリカに送るとすると
2000円ほどで送付可能です。

6.お客様からのフィードバック
ebayの管理画面で、お客様から
「商品が届いたよ!ありがとう!」
といった、評価をもらい、
一連の流れが完了します。

もう一度振り返ってみますね。

ヤフオク仕入→ebay販売の流れ
1.ヤフオクで仕入れ
2.商品チェック(検品)
3.商品をebayに出品
4.商品落札→入金確認
5.商品の発送
6.お客様からのフィードバック

どうでしょう、あまり難しい事は
していないと思いませんか。

各工程毎にポイントがありますので、
別途お伝えしますね。

本日はお読みいただきありがとうございました。

以下の記事に、越境ECの始め方をまとめましたのでよろしければご覧ください。
 
>> 【完全初心者向け】越境EC始め方完全ロードマップ