【調査】RPAとはどんなものか自分なりにわかりやすくまとめてみた

rpa

この記事の背景

業務の中で定型的な作業を自動化したいとの思いで、RPAについて自分なりに調査してまとめてみました。どんどん調べた結果を書き足していこうと思います。

RPAとは


RPA(ロボティックプロセスオートメーション)とはソフトウェアにより、定型的なパソコン作業の自動化を図ることができるという概念です。

1 定型的なパソコン作業を自動化
2 複数のアプリケーションを連携する
3 UI操作とワークフロー実行を組み合わせたソフトウェア

【参考】
>> 【総務省】 RPA


RPAの種類


RPAとRDAの2種類がある。

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)

・サーバーにインストール
・サーバー上で複数のオートメーションを管理
・大規模なオートメーションが実現可能

RDA(ロボティックデスクトップオートメーション)

・デスクトップにインストール
・ユーザーと連携しながら自動化する
・安価に実現が可能

RPAの用語

RPAツール ・RPAの概念を実装するための道具
・主なソフトウェア
(1) シナリオ開発環境
(2) シナリオ実行ロボット
(3) ロボット管理ツール
シナリオ ・計画を実現するための順序
・動作などの進行を書いた筋書き
・他の呼称
「ワークフロー」
「オートメーション」
「オートメーションプロセス」
「スクリプト」
アクション ・あらかじめ機能を持った部品

RPAが求められる背景


以下の通り

・標準化が進まない
・RPAは標準化を安価で実現可能
・今の仕事ややり方を大きく改善できる

標準化とは

自由に放置すれば、多様化・複雑化・無秩序化する事柄を、少数化・単純化・秩序化すること

【引用】
>> 【公式】JISC日本標準調査会→標準化とは


RPA導入のメリット

・ストレスが減る
・新しい案件に取り組める
・実践者が成長する

RPAツールについて


自分の中でRPAというと、Power Automate (旧名称: Microsoft Flow) のイメージが強かったのですが、UiPath、WinActorなどが有名なようです。


ちなみに「RPA」でAmazonを検索すると以下のような結果になりました

>> 「RPA」でAmazonを検索する