ヤフオク ebay カメラ転売概要

eBay


こんにちは。
 
本日は、
「ebayカメラ輸出の概要」をお伝えしますね。
 
輸出。。。めんどくさそう。
英語。。。苦手。
カメラ。。触った事ない。
 
ご安心ください。
私もそうでした。
 
でも、ebayカメラ輸出も
他の物販同様、
安く仕入れて仕入れ値より高く売る。
それを繰り返す。
という、シンプルなビジネスモデルです。
 
慣れてしまえば、
大丈夫です。
どうぞご覧下さい。
 
 
■カメラ転売とは
本日はカメラ転売、とりわけ
ebayカメラ輸出についてご紹介します。
このビジネスは稼ぎやすいです。
理由はビジネスモデルのシンプルさです。
 
・ビジネスモデルのシンプルさ
 
 ?安く仕入れて、仕入れ値より高く売る。
  →ヤフオクでの仕入れのコツさえ
   分かってしまえば、
   苦労せずに仕入れ続ける事が
   出来ます。
 
   それを、ヤフオク、または
   ebayで販売すれば良いだけの
   シンプルさです。
 
   集客はヤフオクやebayがやってくれますので、
   われわれ売り手(バイヤー)は
   商品を出品するだけです。
 
 
 ?他人の不用品に付加価値をつけて
  欲しがっている人に販売する事が出来る。
  
  →誰かにとって不用品のカメラは
   良く調べると人気の機種だったり、
   ちょっと磨けばまだまだ使えたりと
   いう場合が数多くあります。
 
   仕入れの時点でそういった
   ひと手間を掛けて、
   付加価値をつけて海外に販売する事で
   海外のカメラ愛好家たちの目に留まって
   販売する事が出来るのです。
 
 
 ?カメラ愛好家が多数いる為、
  中古相場が形成されている。
 
  →中古相場が形成されているという事は
   例えば同じ機種を出品すれば、
   過去の落差値付近で落札される事が
   予測されます。
 
   その為、仕入れがしやすいのです。
 
 
■カメラ輸出 不安材料
・英語、海外対応、商品知識について
 英語については、GOOGLE翻訳機能などの
 充実で、機械翻訳の精度が上がってきてますので、
 それほど心配しなくてOKです。
 
 また、問い合わせの内容も
 ある程度パターン化されますので、
 事前に雛形をつくっておけば、OKです。
 
 また、海外対応で一番のネックは
 荷物の発送ですが、
 こちらも日本郵便のEMSが
 高速、安価で荷物が遅れますので、
 問題ありません。
 
 また、商品知識は
 取引の数だけアップしますので
 こちらも心配要らないでしょう。
 
 50-100取引すれば、
 カメラの操作法もあわせて
 慣れてしまいます。
 
 要は重要なのな「慣れ」です。
 
 
いかがでしたでしょう。
ebayカメラ輸出は
シンプルで再現性の高いビジネスである事が
イメージして頂けましたでしょうか。
 
また、始めるにあたっての不安も
やってるうちに「慣れ」でカバー
出来ますので、それほど心配ありません。
 
■ヤフオクカメラ転売
ヤフオク⇔ebay間で差額の取れる商品が
多い為、私はebayに出品する割合が多いですが、
資金回転の速さでいえば、
ヤフオクも非常に優秀です。
 
ヤフオクのカメラ転売だけで
月100万以上稼ぐ方もいらっしゃいます。
 
私は、ebay7割、ヤフオク3割くらいの
割合で取引していますが、
ここで、ヤフオクの利点もお伝えさせてください。
 
・資金回転の良さ
ヤフオクでは「1円出品」という
販売テクニックがあります。
 
これは、1円でカメラをオークションに
出品し、買い手の注目を集め
より高値で落札してもらうという
出品方法です。
 
もちろん、「ガラクタ品なのに
完璧に動作します」といったような
ウソの紹介文で販売するような事はしません。
 
綺麗に写真をとり、コンディションも
正確に記載して、
納得して買い手に入札してもらいます。
 
そのようにフェアに出品しても
カメラは人気商品のため、
ある程度相場までは値上がりします。
 
また、カメラ愛好家は
富裕層が多い為、お金払いも良く、
出品者が丁寧に出品し、
丁寧に対応している分には
トラブルになる事は稀です。
 
入金も最短で翌日か翌々日には
銀行口座に振り込まれます。
 
そのため、カメラを仕入れて
すぐ出品した場合、仕入れ5日ー7日
程度で現金化する事が出来る為、
すぐに次の仕入れにまわせる為、
資金効率が極めて高いのです。
 
 
このように、ヤフオクのみでカメラ転売
する事もぜんぜんありですので、
トレーニングをかねて
ヤフオクカメラ転売にチャレンジされても
よろしいかと思います。
 
 
本日もお読み頂きありがとうございました。
 
 
PS
———————————-
よろしければ、
過去記事は以下のリンクよりお読みください。
今までの記事の目次になっております。
 
コンテンツ一覧
———————————-