副業で成果を出すために取り組んだ時間管理/作業効率化のために時間を3つに分ける方法

lifefuck

本日は、副業で成果を出すために取り組んだ時間管理/作業効率化のために時間を3つに分ける方法についてご紹介します。

副業で成果を出すために取り組んだ時間管理/作業効率化のために時間を3つに分ける方法

作業効率化 時間を3つに分ける

在宅副業でカメラ転売をする場合、本業や家の仕事があるといういわゆる兼業で作業をされている方も多いと思います。

私も副業でカメラ転売をしてますので、時間管理には頭を悩ませる事が多いですが、24時間を3つに分けて分類する事で平日の作業時間を2-3時間、比較的無理せず確保しつつ、時間当たりの生産性もアップする事が出来るようになりました。

24時間の分け方

それぞれの時間を以下の3つに分類します。

  • 前進の時間
  • 維持の時間
  • 後退の時間

です。

前進の時間

副業に取り組んでいる時間、特に成果につながる作業をする時間です。

例を挙げると、ブログなら記事を書く時間。越境ECなら、仕入れと出品をする時間、そんな感じです。言い換えると売上げに直結する時間です。

この時間が副業で成果を出すために、とても大切な時間ただと位置づけました。

ちなみに、筆者はインプットとアウトプットはセットだと考えています。学んだら実践するのを繰り返すと、インプットはスキルとして定着すると感じています。

維持の時間

これは本業の時間や、食事の時間、睡眠の時間、家族との時間など、今の生活を維持する為の時間です。

この時間も重要ですが、なるべく効率的に使いたい部分です。

家族との時間や、本業の時間を削る事は難しいかもしれませんが、例えば本業で不要不急の残業は極力避けたり、無駄な飲み会は不参加にしたりといった事で、副業での前進の時間を増やすようにしています。

また、家族との時間も土日のどちらかでしっかり家族サービスをするなどして、メリハリをつける事を心がける事で、副業に投下する時間を増やすようにしています。

後退の時間

これは、スマホでゲームをしたり、ネットサーフィンをしたりといった、テレビをながらで見たりとか、副業と関連がなく、売り上げに直結せず、なおかつ、今の生活の維持にも関係がない時間です。

いわば、無駄な時間です。

実は私の場合、ここが一番削れました。
不要不急のネットサーフィンやテレビのながら見などはやめて、副業に取り組むようになってから、成果が出るようになりました。

無駄な時間こそ人生の楽しみという意見もあります。筆者も賛成です。本来、エンタメ、ゲーム、飲み会大好き人間です。でも副業で成果を出すまでは、割り切るようにしました。

適度な休息は必要ですので、まったくなくすべきではないでしょうが、テレビは1日30分とか、ゲームは一日1時間とか、ながらで時間を浪費しないように心がけています。

【関連記事】
>> 【紳竜の研究】が教えてくれた正しい努力の仕方と成果の出し方(要約あり)


時間を3つに分類する効果

時間を3つに分類する事によって、それぞれの時間の集中度があがり、メリハリが利くようになりました。

筆者が取り組んでいるeBayでの中古品販売は、スキルは不要で、正しい方向性で作業さえすれば、だれでも成果が出せますが、いかんせん作業時間がどうしても発生してしまいます。

逆にいえば、作業時間さえ捻出出来れば売上げにつなげる事が出来ますので時間の分類はとても役に立っています。

例えば、カメラ転売をしているときは今は前進の時間だから、どんどん売上げにつながるからがんばろうと思います。

また、休憩でスマホでゲームをしているときは、今は時間管理上は後退の時間だから、ちょっと気分転換したら、早くカメラ転売を再開しようとか、時間の使い方に意識が向いてそれぞれの時間を有効活用するようになりました。

ebayの場合は、将来的には、自分作業を徐々に外注化していく事で、更に”前進の時間”を他のビジネスなどに振り分ける事が出来ますので、楽しみですね。

まとめ

24時間を3分類して管理するとメリハリが利いて集中度があがり、副業の作業時間を確保し易くなりますし、時間当たりの生産性もアップします。
よろしければ、ご参考にしてみて下さい。
本日もお読み頂きありがとうございました。

以下の記事に、越境ECの始め方をまとめましたのでよろしければご覧ください。
 
>> 【完全初心者向け】越境EC始め方完全ロードマップ