【ヤフオク】中古品販売でヤフオクを活用する方法/ヤフオクは飽和したのか?

ヤフオク

本日は中古品販売でヤフオクを活用する方法についてご紹介したいと思います。

【ヤフオク】中古品販売でヤフオクを活用する方法/ヤフオクは飽和したのか?

ヤフオクは飽和してる?
私はブログでebayへの参戦方法をご紹介していますが、ヤフオクが飽和しているとはまったく思っておりません。

私が以前所属していたコミュニティでは、ヤフオクでの中古品販売のみで
月100万以上稼いでいらっしゃる方も数多くいらっしゃいました。

2021年1月補足
ヤフオクに加えて、メルカリなどのフリマアプリを活用すると、さらに販売しやすくなりますね!!

私自身も販路として、利用しております。

国内市場ですので、言葉も商流も日本流ですので取り組みやすい点もいいですね。

むしろ、飽和どころかどんどん稼ぎやすくなってきたイメージすらありますね。
市場規模がどんどん拡大してますから。

ここまでの結論

ヤフオクは特に飽和していません。むしろマーケットは成長しています。


ヤフオクが販売先としておススメな理由

私の場合、ヤフオクで仕入れてebayでカメラを販売していますが、実は、仕入先としてだけでなく、販売先としてもヤフオクを活用しています。

そもそも、ヤフオクは販売先としても相当優秀な場所なんです。

以下に理由をご紹介します。

ヤフオクが販売先としておススメな理由

  1. 1円出品スタートによるオークション販売が可能なため
  2. 自動延長によるオークション終了時間の延長ができるため

ヤフオクが販売先としておススメな理由その1

その1 については、出品者から見て何がメリットかというと、1円出品により、商品の注目度を上げ、多くの見込み客にアピールできる点です。

人気商品を1円出品すると、見込み客の注目度を有効に集める事が出来る為、ページビューが1,000回を超える場合もよく見かけます。

ヤフオク販売の肝は「出来るだけ多くの見込み客に商品を見てもらい、ウォッチリストに追加してもらう。

そして、あわよくば、入札に参加してもらう事」ですので、1円出品によるオークション販売は必須の出品方法と言ってもいいでしょう。

ヤフオクが販売先としておススメな理由その2

自動延長によるオークション終了時間の延長ができるため

また、2の「自動延長機能」については、ebayにはついていない機能ですね。

終了5分前に高値入札をが入ると、販売終了時間が自動で5分延長となり、さらに高値で入札する余裕が生まれるのです。

どうしてもその商品が欲しい入札者は更に高値で入札していきますので
その結果、終了間際にどんどん落札金額が競りあがりやすくなるのです。

※もちろん、出品の際は、コンディション、商品の状況については、フェアに記載するべきなのですが、それでも、本当に商品が欲しい入札者は、入札競争に参加してくれます。

そのような、フェアな入札競争の結果、出品者としても落札価格が上がってくれますので、出品先としても、ヤフオクを選ぶべきだと思います。


ヤフオクでオークション販売をすることによるメリット

ヤフオクでオークション販売をすると、結果として定額商品も売れやすくなります。

理由は広告効果が働くからです。

つまり、1円出品のオークション形式で販売することによる、見込み客への露出アップ効果により、出品したカメラ以外のカメラへも見込み客を誘導し、定額出品商品を数日のうちに高値で販売する事が可能になるのです。

例えば、定額出品した場合は、一昨日出品して、機能落札されて、今日銀行口座に入金頂くなんて事も普通にあります。

それを月に何回転もする事で加速度的に資金を増やす事が可能です。

このように、ヤフオクは販売先としてもかなり優れています。

おススメのヤフオク活用方法の例

  1. ヤフオク仕入れ → ebay販売
  2. ヤフオク仕入れ → メルカリ販売
  3. ebay仕入れ → ヤフオク販売

その1について
鉄板で利益を出すことが可能です。筆者が主に取り組んでいる手法です。

その2について
ヤフオクとメルカリなどのフリマアプリでは見込み客のターゲット層が違い場合が多いですので、両者で価格差がある商品を扱えば、チャンスがあります。

その3について
例えば、カメラに限って言っても、ロシア製や東欧製のカメラやレンズは日本でも根強いファンがあります。このような海外と日本で在庫数、価格にギャップばあるものを扱えば、かなりチャンスありそうです。


まとめ

ヤフオクはカメラ転売ととても相性が良く、仕入先としても販売先としても大変有望なプラットフォームですので、どんどん有効活用していきたいです!


以下の記事に、越境ECの始め方をまとめましたのでよろしければご覧ください。
 
>> 【完全初心者向け】越境EC始め方完全ロードマップ